YGKの音楽日記

ブログ移動しました!気になった音楽のことを書いていきます!不定期っ!!

06,07 - 2018

やばい!6回目の更新にして既にめんどくさくなってきた(早)。

今回は6月と7月の2つ分。そんだけ雑感もいつも以上に雑です!はい!

 

 

 

 

 

 

6月

 

 

 

 

 

〈新譜〉

 

Ye / Kanye West

 

f:id:YgkLf:20180805203353j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kids See Ghost / Kids See Ghost 

 

f:id:YgkLf:20180805203338j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Childqueen / Kadhja Bonet

 

f:id:YgkLf:20180805203321j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Zebra / Arp

 

 

f:id:YgkLf:20180805203306j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sleepwalking / Jonathan Bree

 

f:id:YgkLf:20180805203245j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(04:30) lder / Jamie Isaac

 

f:id:YgkLf:20180805203231j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nothing is Still / Leon Vynehall

 

f:id:YgkLf:20180805203213j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Collagically Speaking / R+R=NOW

 

 

f:id:YgkLf:20180805203159j:plain

 

 

【雑感】

 

というわけで6月のベストアルバムはR+R=NOWのデビュー作。最初聴いた時の感触は、相変わらずRobert Glasperが甘ったるいピアノを弾いてて、ラウンジ要素の強い洒落れたジャズ~な感じだったけど、聴き込んでいく内にTaylor Mcferrinのドリーミーなシンセワークだったり、Terrace Martinが作る西海岸らしいレイドバックな空気感だったり、Justin Tysonの唖然とする超テクニカルなドラミングだったり(去年ディラを聴きまくったせいかドラムのよれが一々気になる)、聴きどころ満載な演奏が次々と出てきて周を重ねる毎に面白くなる。Kamasi新作が「調和」と批評されてたけど、それはこのアルバムでも同じと思うな。言ったら「団体戦」なんだよね。今年ずっと聴いてる50~60sのモダンジャズ団体戦と言う名のバチバチ個人戦で、如何にそこに''己''を刻み込むかの戦いのような、もはやサバイバル。だから出来上がった音楽も''結果的にまとまった感''や偶然性が強く感じられるものが多い。R+R=NOWのアルバムはそれとは真逆で、全メンバーが自身の技術や個性を出しつつ、全体が目標とするサウンドに一致団結して向かうような…。そして、それが全曲1テイクで到達するレベルの高さも抜群にカッコええ。自分の中ではそんな違い。スリリングではないし、ピースフルで柔らかい雰囲気のせいで気が付きにくいけど、実はものすごいことを朝飯前な感覚でやってると思います。そして、まだ自分には分からない色んな音楽的素養も感じられて、とりあえずこれからも愛聴しそうです(大好き)。8月末のライブ行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈旧譜〉

 

 

 

 

音楽と私 (2017) / 原田知世

 

f:id:YgkLf:20180805201202j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Time (1981) / The Time

 

f:id:YgkLf:20180805200713j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Coltrane (1957) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805200639j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Believer (1958) / John Coltrane 

 

f:id:YgkLf:20180805200535j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Traneing (1958) / John Coltrane with the Red Garland Trio

 

f:id:YgkLf:20180805200513j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Black Pearls (1958) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805200456j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Soultrane (1958) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805200354j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Settin' the Pace (1958) / John Coltrane

 

 

f:id:YgkLf:20180805200333j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Waltz For Dabby (1961) / Bill Evans Trio

 

 

f:id:YgkLf:20180805200243j:plain

 

 

 

 

 

 

【雑感】

 

コルトレーン漬けの日々を送ってたのに、その全てを忘却の彼方に葬らんばかりの破壊力があったBill Evans Trioの『Waltz For Dabby』。言わずと知れた大名盤だから、まあそりゃ悪いはずねぇだろと思ってましたが、いやもう、ほんと、クッソ良かったですわ……(言葉汚)。イントロ5秒で恋に落ちた一曲目「My Foolish Heart」、途中誰かの咳の音や談笑らしき声が聞こえたような気がして、巻き戻して聴いてみたらやっぱり確かに聞こえる。この御三方は、至高としか言えない、この最高な音空間を、部活終わりの男子高校生がクラスの可愛い子についてぺちゃくちゃ話しながら帰りの駅に向かう程度の感覚で醸成することができるのか……まじもんの化け物だ……と思ったら最後に大きな拍手の音が聞こえて。後で調べてみるとVillage Vanguardでの演奏を記録したライブ盤だと。ふふふ、なんかもう急にどうでもよくなっちゃった。とりあえずジャズ初心者にお勧めされる意味はよく分かる。この記事を読んでるそこの''Waltz For Dabby童貞''はとにかく今日の夜にでも聴いた方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月

 

 

  

〈新譜〉

 

Mars Ice House II / ゆるふわギャング

 

f:id:YgkLf:20180805200023j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Role Model / Michael Christmas

 

f:id:YgkLf:20180805200010j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Occasus / Goldmund

 

f:id:YgkLf:20180805195954j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Anti-Anxiety / Swarvy

 

f:id:YgkLf:20180805195940j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Heaven and Earth / Kamasi Washington 

 

f:id:YgkLf:20180805195925j:plain

 

 

【雑感】

 

今月、待ちに待ちに待ちに待ったカマシを生で見られると思うと動悸がします。

今年もTwitterでカマシ新作のことを、その名前をもじりながらツイートするつまらない人が沢山いて(カマシの音楽にカマされた〜〜とか)、どうせサマソニや単独の時もこんなツイート増えるんだろうな〜と残念がってたら、カマシ新作がリリースされる数時間前の自分のツイートを見ると「カマシ・待ちントン」とな。

 

報告は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈旧譜〉

 

 

Black Radio 2 (2014) / Robert Glasper Experiment

 

 

f:id:YgkLf:20180805195904j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Coltrane Plays the Blues (1960) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805195836j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Coltrane's Sound (1960) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805195818j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

La taille de mon ame (2011) /  Daniel Darc

 

 

f:id:YgkLf:20180805195754j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My Favorite Things (1961) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180805193317j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Olé Coltrane (1961) / John Coltrane

 

 

f:id:YgkLf:20180805193301j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【雑感】

 

衝撃の『Olé Coltrane』。おどろおどろしい2つのベースから戦の開始を知らせる法螺貝のようなソプラノを響かすコルトレーン……。「あ、これは間違いなくやばいヤツだ」とイントロ30秒で確信したけど、この緊張感がまさか18:18も続くとは思わなんだ(恐怖)。Eric Dolphyのフルートも怪しさを倍増させてますが、1番気になったのはイントロで初っ端出てきたダブルベースのArt DavisとReggie Workman。12分辺りのソロが分かりやすくて、自由度の高い演奏をする方と、ベースのベースな役割の方がいらっしゃる。僕としては前者の方が気になったのですがそれがどっちか分からない。『Africa/Brass』や『Impressions』を聴く感じ、恐らくReggie Workmanと思うんだけど…。あと、Art Blakey & the Jazz Messengersの『Free for All』にも参加しててテンションぶち上がった(激アツ)。彼はこの先や再び僕を楽しませてくれると信じております(楽しみ)。実はこのアルバムを聴く数日前にレコード屋でこのLPを発見したんだよね。絶対購入しようと、この前またレコ屋に行ったんだけど、何度も何度も探しても見つからなくて、恐る恐る店員さんに聞いたらもう売り切れましたと告げられた時は慟哭した(悲)。運悪し!