YGKの音楽日記

ブログ移動しました!気になった音楽のことを書いていきます!不定期っ!!

04 - 2018

 

 

最終面接が始まる一時間前、ホテル近くのマックでチーズバーガーを頬張り、集中力を高めながらGoogle Mapで会場を確かめると、ここから10分もかからず会場に到着すると。余裕余裕と思いつつ、30分前には会場入りした方がいいなと思いマックシェイクを優雅に飲み終え店を出て、再度Google Mapを開き面接会場を検索すると…………

 

アレ………

 

「目的地まで35分」だと………。

 

最初に調べた''10分で着くルート''は車を使用した時のみだった(チーン)。

まずは大きく深呼吸、次に会場までのルートを登録&頭に刻み、2年以上の相棒になるShure を耳に捻じ込んで…。

 

走った。

 

25度を超える猛暑の中、かったるいスーツ姿で、走りました。

 

で、何が言いたいかと言うと、この時聴いてたのが細野晴臣『はらいそ』でしてね。信号もほぼ無い田舎の一本道を走りながら「交差点は年がら年中/ギューギューギュー」「くねくねハイウェイ/突っ走って」を聴かされるのは流石に面白かったです。トドメは「だんだんヘビィな気分/かと思うとだんだんアホらし気分」でしたね。走るのやめて笑いました(心の中で)。

 

こういう時に聴く音楽って一生忘れないよね。そこの会社(第一志望先)の内定取れたし今となっては最高の思い出です。

 

というわけで大変遅れながら4月のアルバム・ランキング。では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(新譜)

 

 

 

 

Confident Music for Confident People / Confident Man

 

 

 

f:id:YgkLf:20180527102925j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dirty Computer / Janelle Monáe

 

 

f:id:YgkLf:20180527102832j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Isolation / Kali Uchis

 

 

f:id:YgkLf:20180527102812j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UNIEQAV / Alva Noto

f:id:YgkLf:20180527102747j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分離派の夏 / 小袋成彬

 

f:id:YgkLf:20180527102715j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

《雑感》

 

ちょっと想定外だったのがJanelle Monáeの新作。前半部分の想像よりも捻りのないライトなポップソングに肩透かし食らうという。まあでも無理もないです、「Make It Feel」と「Pynk」のクオリティがあまりに高過ぎた。巷で言われてる通り、前者は現行の音で作られた「アップデート版''Kiss''」で、申し分ないド名曲なんだけども、新しさでいえば「Pynk」の方に軍配が上がるかな。全体のリズムを支える指パッチンとGrimes印のスカスカなシンセビート、刺激的なリリックとファンキーなエレキギターが伴うフックの祝杯感は、次世代の気鋭らによる新たな密室ファンクの誕生だと思うし、MeTooを含む女性の地位向上、自己肯定……運動が活発な今ともリンクする意味でも今年を代表する一曲とも思う。あの衝撃的なビデオも「Kiss」に負けてないもんね。あと、この曲のモネイちゃんの歌声がえらく可愛いのは、前曲「Django Jane」のヤクザ・フロウのお陰です。女優ってすげーよ(小並)。前半にも書いた通り、最初こそ肩透かし食らいましたが、アルバムの構成が掴めてからはものすごく良くなった。前半のどキャッチーなポップソングの軽やかな流れ、堪らんよね。Crazy Classic Life!

 

 

Confidence Man、去年衝撃を受けた「Boyfriend(Repeat)」、この曲をLindstrom & Prins Thomas、Andrew Weatherallらビックネームが挙ってRemixしてて、只者ではないことは分かってた…けど、アルバムとなると、まさかここまでアッパラパーなパーティ・アルバムになるとは誰が思っただろうか…(新曲が出るにつれて怪しい感じはありましたが 笑)。''無''で聴いて''無''で踊るのがベスト。

 

各メディア大絶賛のKali Uchisデビュー作、それに対して僕も異存はないし素晴らしい作品だと思うけど、ちょっとプロデューサー陣鉄壁過ぎないですかコレ。そりゃ誰が歌っても良い作品になるわと突っ込みたくなるレベルです。でも、良いもんは良い。間違いない。

 

『分離派の夏』、ここまで賛否が分かれるとは…。まず思ったのは、「皆さん、言葉(日本語)に対してめっちゃ厳しいッ!」ってこと。色々ありましたが、「社会に消費される自分」って箇所に不快感を表してる人には流石に「そ、そうですか…」って思ったけど、つかそもそも、そんなこと歌ってる曲が僕には記憶になくて、探してみたら、アルバム中盤の例の「語りトラック」でした。リリースされて3日目にして気付くという。何故かというと一曲目と例の曲はずっとすっ飛ばしてたから……(我ながら最低だと思いました(笑))。もはや僕にこのアルバムを語る資格なんてないですが、少々彼の歌詞が鼻に付くところはあるし、昼に月が動いたのを見たくらいで全部消える悩みなんてどんな軽い悩みだよ、頭がお花畑のアッパラパーかよ、とかね。まあ、アーティストの大半なんて自意識過剰で面倒くさいナルシストばかりだし、そこは多少目を瞑るべきとも思いますが。と、ああだこうだ言ってますが、僕はめちゃくちゃ好きです、このアルバム。いい意味でこんなにスムースに聴き取れない/引っかかる(滑舌の話ではない)歌詞だったり、日本のアーティストには見られない特徴的な韻の踏み方だったり、新鮮に映るものは色々多かったなぁ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

Best Track (N)

 

Kawasaki Drift - BAD HOP

 

youtu.be

 

 

 

Just A Stranger (ft. Steve Lacy) - Kali Uchis

youtu.be

 

 

 

PYNK - Janelle Monáe

 

youtu.be

 

 

 

You're So Cool - Jonathan Bree

 

 

youtu.be

 

 

 

Plein De Bisous (feat. Mile) - Lewis OfMan

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〈旧譜〉

 

  

Writing's on the Wall / Destinys Child  

 

f:id:YgkLf:20180527101933j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BGM / Yellow Magic Orchestra

 

f:id:YgkLf:20180527101912j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The End… / Nico

 

 

f:id:YgkLf:20180527101851j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paraiso - Haruomi Hosono and The Yellow Magic Band

  

f:id:YgkLf:20180527101745j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Such Sweet Thunder / Duke Ellington

 

f:id:YgkLf:20180527101718j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Ellington Suites / Duke Ellington and his Orchestra 

 

 

f:id:YgkLf:20180527101656j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cohin Moon - Haruomi Hosono

 

 

f:id:YgkLf:20180527101606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thousand Knives / Ryuichi Sakamoto

 

 

f:id:YgkLf:20180527101830j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Clair De Lune / Isao Tomita

 

 

f:id:YgkLf:20180527101552j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Da Real World / Missy Elliott

 

 

f:id:YgkLf:20180527101535j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

omni Sight Seeing - Haruomi Hosono

 

 

f:id:YgkLf:20180527101515j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

And His Mother Called Him Bill / Duke Ellington

 

 

 

f:id:YgkLf:20180527101408j:plain

《雑感》

 

細野晴臣坂本龍一はっぴいえんど、と日本人アーティストの音楽を聴く機会が多かったから、それ繋がりでふと思い出した冨田勲の『月の光』を久々に聴いてみたけど、これが堪らなく良かった。初めて聴いたのは2年前のParadisのプレイリストからだったけど、あれからアンビエント/ニューエイジも聴く機会が増えたし、色んな年代の音楽にも触れてきたからかな、えらく感動してしもうた。

 

 

 

 

Missy Elliott『Da Real World』、まず思ったのはビートのスカスカ感よ。こんなにTimbalandの音って音数少なかったっけ!と思うも、言うほど彼のプロデュース作は聴いてないことに気付いた(アホ)。と言うわけで Aaliyahの2ndを並行して聴き続けた記憶。

 

 

 

 

1位はエリントンの右腕とも言われたビリー・ストレイホーンが亡くなってから3か月後にリリースされた作品。言わばストレイホーンへの「追悼アルバム」。何かのドラマか母親から言われたのか忘れたけど、亡くなった人への一番の供養は、その人の事を皆で沢山話してあげることなんだよって教わった記憶がある。そんな言葉を思い出す、ご機嫌さも、華やかさも、熱烈さも、湿っぽさも、様々な感情で彩られた濃密な13曲。YouTubeで公開されているNHKのジャズ番組の中でエリントンの歴史を簡単に振り返った動画があるんだけど、そこでエリントンとストレイホーンの絡みをチラッと見てですね………いや、ほんとチョロっと見たくらいなんだけど、この作品に込められたエリントンの思いが1つ1つの音に切に感じ取れて、勝手に妄想して、すごく辛くなるという(号泣)。涙が止まらんっす。最後、エリントンのピアノ・ソロによる「Lotus Blossom」で嗚咽する(最高の名曲)。後で知ったけど、この2人はゲイなのね。タイトルの意味も『And His Mother Called Him Bill』ってのも………(深)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Best Track(O)

 

 

 

Nico- You Forget to Answer

 

 

youtu.be

 

 

Duke Ellington - Lotus Blossom

 

youtu.be

 

 

 

Ryuichi Sakamoto  - Thousand Knives

 

youtu.be

 

Missy Elliot - Busa Rhyme (ft. Eminem)

 

youtu.be

 

うないぐみ+坂本龍一弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《聴き返したアルバム》

 

 

 

Diamonds and Pearls / Prince & the New Power Generation

 

f:id:YgkLf:20180527102540j:plain

 

 

 

 

 

Until the Quiet Comes / Flying Lotus

 

 

f:id:YgkLf:20180527102426j:plain