03 - 2018

突然ですが来週神奈川に行きます。

遊びじゃないです(多分…)

 

では

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《新譜》

 

 

 

Lonely Planet Remixes / Tornado Wallace

 

f:id:YgkLf:20180409210239j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Optimist / Ryan Porter

 

f:id:YgkLf:20180409210202j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Superorganism / Superorganism

 

f:id:YgkLf:20180409210149j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Le Kov / Gwenno

 

f:id:YgkLf:20180409210137j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Purple Collection / Various Artists

 

f:id:YgkLf:20180409210024j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⦅Bent Songs (N) ⦆

 

 

‪Stupid (feat. v e i l) - Barrett Marshall‬

youtu.be

 

 

 

 

 

 

Hi A Skoellyas Liv A Dhagrow - Gwenno

youtu.be

 

 

 

 

 

 

Deja Vu - Ryan Porter

youtu.be

 

 

 

 

 

Mother Maybe - Kadhja Bonet

youtu.be

 

 

 

 

 

Forever (Feat. Mac Ayres) - Sydney Franklin

youtu.be

 

 

 

 

 

【雑感】

 

 数えてびっくり。ちゃんと聴いたの5枚しかないや…。断トツ良かったのは、毎年お馴染みEskimo Recordingからの定番コンピ。名前の通り今年は紫色。先月のベスト・トラックに選んだAntennaの「Sparks」を始めとして、今回も未来を担う新進気鋭のアーティストらによる良質なディスコ/シンセポップが計14曲。
Superorganism、この名前を下品な意味と思ってた人は少なくないと思うんだけど、どうやら本当は「超個体」という意味らしい。「17歳のウブな女の子にこんなお下劣な言葉を連呼させるなんて…このど変態バンドめ……」といった感じで、はい、勘違いしてました!ど変態は僕でした!(涙)
どうでもいいけど、バイキング小峠がグラサンしたらRyan Porterに変身できると思う。黒塗りはしない方がいいけど。
去年出したデビュー作が本当に傑作だったTornado Wallace、今作のRemix EPはI:Cube、Prins Thomasと大物達による調理ですが、まあ失敗るわけ無いですよね、どれも絶品に仕上がっております。
Gwennoさんは今月1番の発見で、 Charlotte Gainsbougのような憂いを帯びた歌声とコズミック/ドリームの渦巻くような電子音が絡み合う自分の好みにドンピシャなシンセポップを鳴らしてくれました。前作もチェックするつもり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 《旧譜》

 

 

TWO / THREE (2006) / Dabrye

 

f:id:YgkLf:20180409205838j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

It Ain't Safe No More...(2002) / Busta Rhymes 

 

f:id:YgkLf:20180409205817j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

The Congregation (1957) / Johnny Griffin

 

 

f:id:YgkLf:20180409205800j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Bloom (2012) / Beach House

 

f:id:YgkLf:20180409205735j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Full Moon (2001) / Brandy

 

f:id:YgkLf:20180409205716j:plain

  

 

 

 

 

 

 

 

Pieces of a Man (1971) / Gil Scott-Heron

 

f:id:YgkLf:20180409205537j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lee Morgan Vol. 3 (1957) / Lee Morgan

 

f:id:YgkLf:20180409205503j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Theme For A Broken Soul (2004) / DJ Rels

 

 

f:id:YgkLf:20180409205444j:plain

 

 

 

 

 

 

 

A Blowin' Session (1957) / Johnny Griffin

 

 

f:id:YgkLf:20180409205415j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Introducing Johnny Griffin (1957) / Johnny Griffin

 

 

f:id:YgkLf:20180409205359j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Cornbread (1965) / Lee Morgan

 

f:id:YgkLf:20180409205343j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Jazz at Massey Hall (1953) / Dizzy Gillespie, Charlie Parker, Bud Powell, Charles Mingus, and Max Roach

 

f:id:YgkLf:20180409205325j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⦅Bent Songs (O) ⦆ 

 

 

‪Wild - Beach House‬

 ‬

youtu.be

 

 

 

 

 

I Remember Clifford - Lee Morgan

youtu.be

 

 

 

 

 

‪All In Me - Brandy

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

Salt Peanuts - Charlie Parker / The Quintet

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

Blue in Green - Miles Davis

youtu.be

 

 

 

【雑感】

 

 


3月はThelonious Monkを中心に聴くはずだったんだけど、色々感じるところもあってJohnny Griffinに変更。と言っても彼のアルバムは上記の3枚程度しか聴き込めなかったんだよねぇ。というのも、最近YouTubeにJazzに関する非常に面白い動画が沢山あることを知ったんですけど(主にNHKの番組)、こういうの見てると一気に色んなアーティストの情報が入ってくるから、聴きたいアルバムが増えに増えて…。だから今月はJohnny Griffin以外にもLee MorganDizzy GillespieSonny ClarkDuke Ellington…etc、まあ、聴き込めないよね、という。ディスクガイドとか書籍を買い始めたらどうなんだろう(恐怖)。

話は変わりましてJohnny Griffin。この人のテナーは本当に個性的で面白い。職人気質だったロリンズとは大違い。何と言っても一音で心を掴む瞬発力/爆発力。そしてパワフルさだけでなく、柔らかくて艶やかな演奏も器用にやってのける。僕の勝手なイメージでは「めっちゃ動ける4番バッター」な感じ。見かけはどう見てもおデブなのに、50mのタイムが6秒台で、かつ試合で突然セーフティ・バントしてセーフになるやつ、いたじゃないですか?(いたんです)
今年、旧譜ならぬ旧曲のベストソングを作るとするなら、Beach Houseの「Wild」は今のところ暫定1位かな。音楽を聴いて風が吹いてくるのを感じたのは生まれて初めてかもしれん。耳で絶景を見たような感覚もあった。聴覚で得れるキャパを超過してしまうと、触覚とか視覚が虚を認識してしまうことを身を以て体験しましたね…。このメカニズムを解明して論文書きたいくらいです。
あと『Jazz at Massey Hall』があまりに傑作だったので、Charles MingusMax Roachを攻めようと思ってるけど、友達と今度、細野晴臣さんのライブに行く事が決まったから、彼のアルバムを聴き込む予定で、、、だからそんなに深くは聴けないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 《聴き返してたアルバム》

 

 

Hit n Run Phase Two (2015) / Prince

 

f:id:YgkLf:20180409205639j:plain

 

 

 

 

 

 

 

Los Angeles (2008) /Flying Lotus

 

 

f:id:YgkLf:20180409205623j:plain

 

 

 

 

 

 

Kind of Blue (1959) / Miles Davis

 

 

f:id:YgkLf:20180411203220j:plain

 

 

【雑感】

 

プリンス好きを公言してる人の中の大半は、80年代(黄金期)の作品群だけが好きな人達と思う。でも、分からんことはない。というか寧ろむちゃくちゃ分かる、ボウイも同じようなもんだから。というわけで、その''大半''から脱却するために御大のアルバムを絶賛聴き返し中であります(実は去年一度挫折したんだけど…)。

『Los Angeles』の凄さが、今にしてようやく分かった気がする。理由は、このアルバムをHIPHOPとして聴くことができるようになったから、に尽きるだろう。そして何故彼がポスト・J Dillaなんて呼ばれてたかが今作でよく分かった。今ではそんな枠に収められない意味不明な音楽ばかりやってるからねぇ(褒め言葉)。現在は『Until the Quiet Comes』を聴き返し中。

そして、Miles Davis『Kind of Blue』。3月最も聴いていたアルバムはこれ。朝も昼も夜も寝る前も、今ではインテリアと化したレコードでも聴いてた。とりあえず、ただムーディーなジャズには聴こえなくなりましたね。今年はこれ(59年)を基準として聴き漁っていかねば、と書きながら再確認しておきます、今。
あと、ココには載ってけないけど、J Dilla、 D'Angelo、その他ネオソウル勢の過去作も沢山聴き返した。