YGKの音楽日記

ブログ移動しました!気になった音楽のことを書いていきます!不定期っ!!

02 - 2018

 

今回もやってきます。

 

前回同様、下にいくほど気に入った作品。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
《新譜》

 

 

 

 

 

Amp Dog Knights / Amp Fiddler

 

 

f:id:YgkLf:20180303202800j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Culture Ⅱ / Migos

 

 

f:id:YgkLf:20180303203358j:plain

 

 

 

 

 

 

 


Thelonious Sphere Monk / MAST

 

 

f:id:YgkLf:20180303203308j:plain

 

 

 

 

 

 

 


In Celebration Of Us / Skyzoo

 

 

f:id:YgkLf:20180303203227j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 


Dita Von Teese / Dita von Teese

 

f:id:YgkLf:20180303203212j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


She Has Risen / Tiombe Lockhart

 

f:id:YgkLf:20180303203159j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 


Dear Annie / Rejjie Snow

 

f:id:YgkLf:20180303203148j:plain

 

 

 

【雑感】

ラップと歌の二刀流が当たり前になった現行シーンですが、そんな中Rejjie Snow君は、ラップと歌を「鼻歌を口ずさむ」様に乗りこなしてる感じが最高。好き過ぎる。決して脱力してるわけでもなく、無骨なわけでもない、この絶妙な温度感がメルヘンチックで春のルンルン気分な作中の空気感とマッチしてる。この前友達とドライブしている時にこのアルバムを流したけど、田んぼが果てしなく広がるド田舎なロケーションも相まって完璧に決まりました(笑)。もちろんハミングしながら…。


二月は苦手だったFunkadelicSly & the Family Stoneを聴き直してて、やはり最初は中々馴染まなかったけど、暫く経って彼らの面白さにようやく気付けたのは、再び聴き直してたChildish Gambinoの最新作とTiombe Lockhartの今作のおかげと思っている。Funkadelicに負けない、かなりドロドロなファンクを披露してるわけですが、彼女の可憐な歌声がそれを上手く中和してるのが1番の魅力的なポイントよね。あと、BilalやChristian Scottといった大物や新進気鋭のアーティストも参加してるのに、本人のことはネットで調べても中々出てこないのは何故なのか。

あとMigos(笑)。一生ハマらんと思ってたけど(笑)。そんな訳で笑いが止まりません。好きになった理由は、単純にビートの問題もあるんだろうな。前作の大ヒットをきっかけに今作ではプロデューサー陣がやたら豪華になって、サウンド自体もかなり開かれてると思うし。飛び抜けて好きな曲もPharrellとKanyeがそれぞれプロデュースした「Stir Fry」、「BBO (Bad Bitches Only)」ですもん。あと、このアルバムのお陰で「Bad and Boujee」を初めてフルで聴きました(遅すぎ)。まあ、あまり良いとは感じなかったです(ストレート)。

 

Best Songs (N)

 

 

・Angèle - Je veux tes yeux 

youtu.be

 

 

 

 

 

・JMSN - So Badly

youtu.be

 

 

 

 

 

 

・Rejjie Snow - Spaceships

youtu.be

 

 

 

 

 

・Lomboy - Worth to You

youtu.be

 

 

 

 

 

・Raveena - I Won't Mind

youtu.be

 

 

 

 

 

・Antenna - Sparks

youtu.be

 

 

 

 

 

・Frank Ocean - Moon River

youtu.be

 

 

 

 

・Fieh - Glu

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 《旧譜》

 

 

 

Klouds (2010) / Knxwledge

 

 f:id:YgkLf:20180303203121j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Freedom Rider (1961) / Art Blakey and the Jazz Messenger

 

f:id:YgkLf:20180303203102j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mosaic (1961) / Art Blakey and the Jazz Messengers

 

f:id:YgkLf:20180303203043j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let's Take It to the Stage (1975) / Funkadelic

 

f:id:YgkLf:20180303203028j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sonny Rollins, Vol. 2 (1957) / Sonny Rollins

 

f:id:YgkLf:20180303203012j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Electric Circus (2002) / Common

 

f:id:YgkLf:20180303202954j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A Night in Tunisia (1961) / Art Blakey and the Jazz Messengers

 

f:id:YgkLf:20180303202937j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Moanin' (1958) / Art Blakey and the Jazz Messengers    

 

f:id:YgkLf:20180303202919j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Like Someone in Love (1960) / Art Blakey and the Jazz Messengers

 

 

f:id:YgkLf:20180303202901j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Free for All (1964) / Art Blakey and the Jazz Messengers

 

f:id:YgkLf:20180303202844j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

The Velvet Rope (1997) / Janet Jackson

 

f:id:YgkLf:20180303202826j:plain

 

 

 

【雑感】

漫画『Blue Giant』の中でジャズは、ムーディーな雰囲気に身を任せる…ようなものではなく、自然に立ち上がって声を上げたくなるほどの熱い音楽(もはやスポーツ)として語られていて、Art Blakey and the Jazz Messengersの音楽は端的に言うと、まさにそれだった。作中の言葉を借りると「ジャズってる」ような音楽。「A Night In Tunisia」を初めて聴いた夜のことは一生忘れないと思うし(苦笑)。(と言っても、今月僕が聴いた大部分は、スパイクさんにお勧めされたWayne Shorterが加入した後の作品群だから、当然、他作品がどうなのかは知らないですが。)そんなわけで、テンションを上げたい朝はほぼ毎日聴いてギアを上げてました。そんな音楽ばかりだから(?)、Lee MorganWayne Shorterによる2管の甘美なユニゾンと、どんな顔で叩いてるのか気になるArt Blakeyの丁寧で優しげなハットが印象的な「Sleeping Dancer Sleep On」が彼らの中で1番好きになってしまった。


ある日にYouTube漁ってた時「Got Til It's Gone」を聴いてしまったのが事の始まり。J DillaによるRemixは去年ずっと聴いて大好きだったんだけどね。Janet Jacksonはチラッと聴いたことのある『Control』とか『Rhythm Nation 1814』の時代を感じるイナタイ音のイメージが強過ぎたから、「Got Til It's Gone」もその手の音をDillaがオーガニック風にアレンジしてたと勝手に思ってた(笑)。まあ、リリース年を確かめると約10年違うからね…(思い込みはダメ)。あと、Joni Mitchellの例の曲が収録されたアルバム、3月に聴きます。
内容の話。あまりに強力なナンバーが続く続く続く…ので、無駄にあるインタールード計7曲は、その緩衝材のために挟まれてると思ってしまう(終盤「 I Get Lonely」の''トドメの必殺''感)。当時のチャート/セールスを見ると、Billbord 200で1位は勿論、世界各国でプラチナ(そして日本も!!!)、本国アメリカではトリプルプラチナという特大ヒットという結果は納得…というか、この音がメインストリームのど真中で流れたと思うと当時の同業者に同情します。約1時間20分をペロッと聴けちゃったのは久しかったなぁ。これぞ名盤。


ちなみに3月のジャズはThelonious Monkです。

 

 

 

 

 

Best Songs(O)

 

 

 

 

・Art Blakey and the Jazz Messengers - Free For All 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

・Art Blakey and the Jazz Messengers - Sleeping Dancer Sleep On

youtu.be

 

 

 

 

 

Janet Jackson - Got Til It's Gone

 

youtu.be

 

 

 

 

・Audrey Hepburn - Moon River

 

youtu.be

 

 

 

 

・Common - Soul Power

 

youtu.be

 

 

 

・Knxwledge - Exekutive

 

youtu.be

 

 

Funkadelic - Good To Your Earhole

 

youtu.be