YGKの音楽日記

ブログ移動しました!気になった音楽のことを書いていきます!不定期っ!!

01 - 2018

去年の年末、年間ベストの記事を作るときにジャケットの画像とアルバムタイトル/アーティスト名を打ち込むのがもう怠くて怠くて…(毎年のことなんですけどね笑)

今年からは本記事のように月毎にまとめて、少しでも年末の負担を減らしたいと思っております。

 

 というわけで、記事の内容はその月にある程度聴き込んだ(←大事)新譜&旧譜をランキング形式にまとめるというもの。ランキングといってもザックリとだけどね。下に行く程、気に入った作品でございます。

あと最後に少し雑感書いて終わり。こんな感じ。

 

では!

 

 

 

 

 


【新譜】


・Noonsense / Fishdoll

 

f:id:YgkLf:20180204123620j:plain

 

 

 

 

 

 

 


・Amen / Rich Brian

 

f:id:YgkLf:20180204123639j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【旧譜】

 

 

・ Pink (2017) / CHAI

 

f:id:YgkLf:20180204123759j:plain

 

 

 

 

 

 

 


・Sunset Blvd. (2013) / Yancey Boys

f:id:YgkLf:20180204125809j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Way Out West (1957) / Sonny Rollins

f:id:YgkLf:20180204125753j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Reassemblage (2017) / Visible Cloaks

f:id:YgkLf:20180204125705j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Soundpieces: Da Antidote! (1999) / Lootpack

f:id:YgkLf:20180204125650j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Beats, Rhymes and Life (1996) / A Tribe Called Quest

f:id:YgkLf:20180204125628j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Harmony of Difference (2017) / Kamasi Washinton

 

f:id:YgkLf:20180204125559j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Music for 18 Musicians (1978)/ Steve Reich

 

f:id:YgkLf:20180204125438j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Blue Train (1957) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180204125345j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・The Bridge (1962) / Sonny Rollins

 

f:id:YgkLf:20180204125324j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Giant Steps (1960) / John Coltrane

 

f:id:YgkLf:20180204124002j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Saxophone Colossus (1956) / Sonny Rollins

 

f:id:YgkLf:20180204123933j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・Newk's Time (1957) / Sonny Rollins

 

f:id:YgkLf:20180204123844j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・The Little Giant (1959) / Johnny Griffin

 

f:id:YgkLf:20180204123820j:plain

 

 

 

 

 

〈雑感〉

 

 

まずは新譜から。

Fishdollはリードシングルがとにかく良かったから期待はしてたけどここまでの仕上がりとは…。アルバムが終わる頃にはドロドロに溶解すること間違いなしのソフト・サイケ名盤。Soft Glas絡みのアーティスト達、ほんと無視出来ないっすね。
ポスト・トラップという、なんとまあ面白味のない形容詞が付いた新(???)ジャンル、音楽的に純粋なトラップとの明確な違いは無いのだけど(多分)、僕の中の認識ではポスト〜の方が確実に音の幅が大きくなってる印象。Migosの「Stir Fly」はそう呼ばれてるのを知ってなるほどなと思った。トラップ嫌いの僕でもこの曲にはヤラられたし(大好き)。というわけでRich Brianの音楽がそういう部類に入るやつなのかはさて置き、ただ無茶苦茶中毒性あります…。

 

 

 

 


はい、お次は旧譜。


先輩から教えてもらったジャズ漫画『BLUE GIANT』。もう、どえりゃあ面白い。泣ける。そうです、つまり今年はジャズの年なんです!(決定)。といっても去年MadlibMiles Davisらの諸作品を聴いて、近い内にジャズを真剣に聴いてみたいな〜とずっと思ってたから、偶々そのトリガーが『BLUE GIANT』だったというだけで。

 

f:id:YgkLf:20180204192527j:plain

 

今年ジャズを聴く上で目標がありまして、それが

 

 

①アーティストによって異なる個性的な演奏を理解/判別できる耳をつくること
②ハード・バップ〜モード・ジャズ における変化を聴くこと
③『In A Silent Way』の音楽に辿り着くまでのMiles Davisの音楽を確認すること
④『BLUE GIANT』に出てくるアーティストの作品を聴くこと

 


という風な感じ。

 


例えばテナーサックスに限ると、Sonny RollinsJohnny GriffinHank MobleyJohn Coltrane……と沢山いるけど、無論、同じ楽器でも音の性質は十人十色でありまして。そのアーティストによって異なる音の違いというか”アジ”をしっかり理解/判別できるようになりたい。「この音はロリンズ だ!」「この音はコルトレーンだ!」みたいな。

 

 


ジャズは歴史の長さが他の音楽と比較すると、とにかく長いし、その分数々のジャンルが存在する。そしてPrinceやBowieが可愛く思えるくらい多作家ばかり。僕は『広く浅く』聴くことが音楽鑑賞における1つの信条だったのたけど、ここ最近それが不可能だと気付き始めた。1つ大好きなアルバムを見つけると、そのアルバムがどうやって出来たのか、そしてどう変化していくのか、が気になり過ぎて結局自制しないと''深く''聴いてしまう…。以上のことを踏まえて、今回は50s〜60sのハード・バップ〜モード・ジャズに絞って''適度に深く''聴き進めていきたい。あと、ジャズは今まで以上にどのアルバムを選択するか、がかなり重要になる。ちゃんと調べながら聴かねば・・・。

 

 


去年(一昨年)に聴いたMilesの大名盤『In A Silent Way』。そして、『Bitches Brew』、『On the Corner』のプログレッシブ三作。ハード・バップばかり聴いてるのもあるけど、今思うとあれらはとてもジャズには思えない(笑)。だからこそ気になる。どういう経緯でMilesがあの音に到達したのか。気になり過ぎて禿げそう。

 

 


幸運な事に Apple Musicには『BLUE GIANT』のサントラが2つある。何かの縁だし、そのアルバムに収録されてるジャイアント達の音楽を中心に聴こうと思います。まあ、調べるとド定番のスタンダードばかりらしいし、ジャズ初心者向けなんで。

 

 

 

 


というわけで、①〜④の目標達成のために考慮すると、より有効な聴き方は

 

 

 

『聴き進めたいアーティストを1人選んで、その人の作品群(50s〜60sリリース)を約1ヶ月かけて集中的に聴き込む』

 

 

 

になりました(パチパチ)。
だから2018年は11人のジャズレジェンドのある期間における音楽を深く聴いてくわけですね(Milesは例外で2ヶ月かけてく)。
ランキングを見ての通り1月はSonny Rollinsの年でした。2月は未定。
他にも策はあったけど、これで試験的にやってみる。途中で変わる可能性もあり。

 

 

 

2017の年間旧譜ベストなんだけど……

怒涛の1月が終わったと思いきや、2月はインターンに行きまくって忙しいから、、、今月も無理そうかな…。ても絶対出す。