読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YGKの音楽日記

ブログ移動しました!気になった音楽のことを書いていきます!不定期っ!!

IO「Soul Long」

IO 「Soul Long」

 

f:id:YgkLf:20160318130631j:plain

 

 

 

 

 

diskunion.net

www.ele-king.net

このIOという人がどんな人間なのかは上の記事が詳しく書いてある。


よく聞く「日本のゲットーから生まれたラッパー」だとか「暴走族・少年院を経て誕生したラッパー」だとか、そういうマイナス過ぎるバックグラウンドで売り出す日本のインディーHIPHOPが嫌いだった(もちろんそれが全てではないことは知ってる)。

 

だって怖いもん(笑)。見た目からして怖い人ばっかやん。最近でいえばKOHHとか。元々Trapが嫌いというのもあるんだけど、あの乱暴でさ…奇声を発してさ……威圧するようなサウンドがもう苦手すぎて。故に今のUS HIPHOPの音楽は好き嫌いがとても激しい。
日本のHIPHOPっていえばケツメイシやねん!Japanese Hiphop Classicってのは、「闘え!サラリーマン」なんじゃ!←(要はこのレベルってわけであります)

 

youtu.be

 


と、これはほぼ先入観であり、真面目に聴いたこともないくせにこんなことを思うのは確かに良くないと感じるものの、別に音楽なんて好きなやつを好きなだけ聴きゃええ話だし、そんな先入観を改めなくても、省みなくても、まあええやん。そんなの人の勝手や……という極めて自己中心的な心待ちで、このIOの「Soul Long」というアルバムに出会った次第でありました。


”日本のHIPHOPケツメイシだ”というレベルなので、このアルバムの何が良いのか上手く説明など出来るわけもないです(逃げ)。ただ、ele-kingの記事に「Joey Bada$$のヒップホップマナーが顕著に見てとれる」と書いてあってちょっと納得。確かに、あのアナログ感のあるアーバンな空気感とか淡々にラップをこなす様にそれと類似点を感じ取ることもできた。だけど、IOの音楽の中では、拳銃をぶっ放すことも無ければハードなフロウをかますわけでもない。冷めているのか醒めているのか分からない、ひたすら心地がいいラップ。過激なことを発するわけでもなく、むしろ美しい情景が頭に広がるくらいロマンチックなリリック。上品なネオソウルの質感やJ Dillaのようなノスタルジックで温かいソウルのサンプリングが散りばめられていたりだとか、サウンド面だけで見ればどちらかというと陽性な風に思えるんだけど、どこか悲しみに付きまとわれているような……この冷たくてドライな感じは何だろう。。と、もう20回以上はこのアルバムを聴いてるけど、その正体はよく分かんない。ただ、恐ろしいほど洗練されてる音楽である事は自分にも分かる。

 

「正しいか間違ってるか、共感できるか分かるかが問題ではなくて、ある言葉に対して無限の想像力を巡らせる人が面白いのです。」

 

自分がフォローしている方(恐らく音楽関係の方)がIOを絶賛するツイートをしていて、これはその中の一つなんですけど、これを読んで、ゾワッとと思ったのでここに書いとこ。新しい楽しみ方を提供してくれてありがとうございました。

 

 

というわけで、IOの「Soul Long」大絶賛です。2016年暫定1位。これ抜けるのはANOHNIくらいしかいない気がしてる。
結局大したこと書けなかったけど、個人的には日本語HIPHOPのイメージが180°変わりました。
業界では”日本語ラップ版『ILLMATIC』”と言われてるらしいけど、個人的には「ILLMATIC」より「Soul Long」派です。


(Apple musicにありますよー)

 

itun.es

 

youtu.be